平成24年5月に発生した広島県福山市のホテル火災を受けて、平成26年4月1日から「防火基準適合表示制度」が開始されました。

 「防火基準適合表示制度」とは、ホテル・旅館等の関係者が、消防本部に表示マークの交付申請を行い、審査の結果防火基準に適合していると認められた場合、表示マーク(防火基準適合表示)が交付され、交付された表示マークを掲示することで、ホテル・旅館等の利用者に、施設の防火安全体制を情報提供することを目的としています。この制度は、法令による義務付けはなく、ホテル・旅館等の関係者により、任意に申請されるものです。

 「適マーク」又は「対象外施設適合通知書」を交付した管内の「ホテル・旅館等」は
こちら

「ホテル・旅館に係る表示制度」が始まりました

申請方法

ホテル・旅館等の関係者は次のいずれかの場合、消防署へ申請することができます。
@表示マークの交付(更新)を希望 → 
「表示マーク交付(更新)申請書」を作成
A表示制度対象外施設通知書の交付を希望 →
「表示制度対象外施設申請書」を作成

上記@、Aのいずれかの申請書に以下の書類(写しでも可)を添えて管轄する消防署に申請してください。

 <申請に必要な書類>
●防火対象物(防災管理)点検結果報告書
●消防用設備等(特殊消防用設備等)点検結果報告書
●製造所等定期点検記録表
●特殊建築物等定期調査報告書

対象となる建物は・・・

 ホテル・旅館等(消防法施行令別表第一(五)項イ、並びに同表(十六)項イに掲げる防火対象物のうち同表(五)項イの用途に供する部分が存するもの。)で、次の(1)かつ(2)に該当するもの

(1)収容人員が30人以上(従業員を含む)
(2)建物が3階建て以上

消防本部では、申請を受付中です。審査の結果、防火に関する基準に適合していると認められると、平成26年8月1日から表示マークの掲出、ホームページでのマークの使用することができます。また、表示マークの交付を受けた建物については、「表示マーク受領書」に記載の遵守事項を守っていただきます。

  様式のダウンロードはこちら。
   表示マーク交付(更新)申請書(PDF)
   表示制度対象外施設申請書(PDF)


※ 下のバナーをクリックすると、総務省消防庁の表示制度説明ページが開きます。









表示マークとは・・・


基準に適合していると、ホテル・旅館のロビーなどに掲出することができます。