鹿角広域行政組合消防本部
Kazuno Fire Department

 改正 平成9年4月28日 規程第1号
    平成10年3月6日 規程第1号
    平成11年4月19日 規程第1号
     平成12年6月15日 規程第1号
    平成13年5月25日 規程第3号
    平成14年4月25日 規程第1号
    平成18年3月31日 規程第1号
    平成19年5月8日 規程第2号
    平成20年5月30日 規程第1号

○鹿角広域行政組合消防署の組織等に関する規程(平成6年規程第13号)

  (趣旨)
第1条 この規程は、消防組織法(昭和22年法律第226号)第10条第2項の規定に基づき、鹿
 角広域行政組合消防署(以下「消防署」という。)の組織等について必要な事項を定めるも
 のとする。

  (分暑の設置)
第2条 消防署の管轄区域内に分署を置く。
2 分署の名称、位置及び管轄区域は次のとおりとする。 
名    称 位       置 管 轄 区 域
鹿角広域行政組合消防署
十和田分署
鹿角市十和田毛馬内字上陣場74番地1 鹿角市十和田地域
鹿角広域行政組合消防署
小坂分署
鹿角郡小坂町小坂字中前田68番地1 小坂町

  (署長)
第3条 署長は、消防司令をもって充てる。
2 署長は、所属職員を指揮監督し、管轄区域内の水、火災等の災害を防除するとともに、消
 防諸般の事務を適切に処理しなければならない。

  (副署長)
第4条 消防署に副署長を置く。
2 副署長は、消防司令をもって充てる。
3 副署長は、署長を補佐し、上司の命を受けて、消防署の事務を処理し、所属職員を指揮監
 督する。

  (署長代理)
第5条 署長が不在のとき又は事故あるときは、副署長がその職務を代理する。ただし、異例
 若しくは重要な事項については、消防長の決裁を受けなければならない。
2 署長、副署長ともに事故あるときの署長の職務代理は、消防長が定める。

  (分署長)
第6条 分署に分署長を置く。
2 分署長は、消防司令をもって充てる。
3 分署長は、上司の命を受けて、分署の事務を処理し、所属職員を指揮監督する。

  (当直司令及ぴ副分署長等)
第7条 消防署に当直司令及ぴ当直司令補佐を置き、分署に副分署長を置く。
2 当直司令は消防司令をもって充て、当直司令補佐及び副分署長は消防司令又は消防司令補
 をもって充てる。
3 当直司令は、上司の命を受けて、所属職員の分掌事務を指導処理し、所属職員の諸勤務、
 教養、訓練及び現場活動等を指揮監督する。
4 当直司令補佐は当直司令を補佐し、副分署長は、分署長を補佐し、それぞれ上司の命を受
 けて、所属職員の分掌事務を指導処理し、所属職員の諸勤務、教養、訓練及び現場活動等を
 指揮監督する。
5 当直司令補佐は、当直司令が不在のとき又は事故あるときは、その職務を代理する。
6 副分署長は、分署長が不在のとき又は事故あるときは、その職務を代理する。
7 消防署及び分署に主幹、副主幹、主査、主任及び主事を置くことができる。
8 主幹は消防司令又は消防司令補、副主幹は消防司令又は消防司令補、主査は消防司令補
 又は消防士長、主任は消防士長、主事は消防副士長又は消防士をもって充てる。
9 消防吏員を除く職員にあっては、前項に定める階級によらないものとする。
10 主幹及び副主幹は、上司の命を受けて、所属職員の分掌事務を指導処理し、所属職員を指
 揮監督する。
11 主査は、上司の命を受けて、所管事務を処理し、所属職員を指揮監督する。
12 主任は、上司の命を受けて、相当の知識又は経験を要する事務を掌る。
13 主事は、上司の命を受けて、事務を掌る。

  (事務分掌)
第8条 消防署の事務分掌は、別表のとおりとする。
2 署長は、必要があると認めるときは、前項に規定する分掌事務以外の事務を取り扱わせる
 ことができる。

  (委任)
第9条 この規程の施行について必要な事項は、管理者の承認を得て、消防長が別に定める。

   附 則
 この規程は、平成6年6月1日から施行する。

   附 則(平成9年4月28日規程第1号)
 この規程は、公布の日から施行し、平成9年4月1日から適用する。

   附 則(平成10年3月6日規程第1号)
 この規程は、平成10年3月9日から施行する。

   附 則(平成11年4月19日規程第1号)
 この規程は、公布の日から施行し、平成11年4月1日から適用する。

   附 則(平成12年6月15日規程第1号)
 この規程は、公布の日から施行し、改正後の鹿角広域行政組合消防署の組織等に関する規程の規定は、平成12年6月1日から適用する。

   附 則(平成13年5月25日規程第3号)
 この規程は、公布の日から施行し、改正後の鹿角広域行政組合消防署の組織等に関する規程の規定は、平成13年4月19日から適用する。

   附 則(平成14年4月25日規程第1号)
 この規程は、公布の日から施行し、改正後の鹿角広域行政組合消防署の組織等に関する規程の規定は、平成14年4月1日から適用する。

   附 則(平成18年3月31日規程第1号)
 この規程は、平成18年4月1日から施行する。

   附 則(平成19年5月8日規程第2号)
 この規程は、公布の日から施行し、改正後の鹿角広域行政組合消防署の組織等に関する規程の規定は、平成19年4月1日から適用する。ただし、同規程第1条の規定は、平成18年6月14日から適用する。

   附 則(平成20年5月30日規程第1号)
 この規程は、公布の日から施行し、改正後の鹿角広域行政組合消防署の組織等に関する規程の規定は、平成20年4月1日から適用する。


別表(第8条関係)
消   防   署   事   務   分   掌
1 庶務に関すること。
(1) 署の庶務に関すること。
(2) 公印の保管に関すること。
(3) 署員の服務規律に関すること。
(4) 消防署の予算に関すること。

2 警防に関すること。
(1) 警防の実施計画に関すること。
(2) 火災その他の災害の防御及び調査に関すること。
(3) 署員の訓練実施等に関すること。
(4) 非常警備に関すること。
(5) 消防水利施設の調査及び保守管理に関すること。
(6) 水防訓練実施に関すること。
(7) 消防団員の訓練指導実施等に関すること。

3 予防に関すること。
(1) 予防査察及び予防広報に関すること。
(2) 火災の原因調査に関すること。
(3) 危険物に関すること。
(4) 防火管理者の消防計画に関すること。
(5) 鹿角広域行政組合火災予防条例(平成6年鹿角広域行政組合条例第9号)に基
  づく届出及び指導に関すること。

4 施設に関すること。
(1) 消防機械器具の整備及び保守管理に関すること。
(2) 消防機械器具の部品及び燃料等の調達、管理に関すること。
(3) 機械器具操作技術の指導に関すること。

5 救急に関すること。
(1) 救急業務に関すること。
(2) その他救急全般に関すること。

6 通信指令に関すること。
(1) 消防通信の確保及び統制に関すること。
(2) 通信施設、機器の保全運用に関すること。
(3) 気象情報、災害情報及び救急医療情報の収集並びに連絡に関すること。
(4) 火災警報に関すること。
(5) 消防通信の統計及び報告に関すること。
(6) 消防通信技術の調査研究に関すること。
(7) その他通信指令の分掌として適当とする事項に関すること。

7 救助に関すること。
(1) 救助及び行方不明者捜索業務に関すること。
(2) 救助隊に関すること。
(3) 救助の統計及び報告に関すること。
(4) 緊急消防援助隊の編成、訓練及び出動に関すること。