(目的)
第1条 この規則は、鹿角広域行政組合火災予防条例(平成6年条例第9号。以下「条例」
 という)の施行について、必要な事項を定めることを目的とする。

  (がん具用煙火の制限)
第2条 条例第26条第1項に規定する火災予防上支障のある場所は、次の各号のとおりとす
 る。
 (1) 引火性又は爆発性の物品その他の可燃物を貯蔵し、又は取り扱っている場所及びその
 付近
 (2) 消防法(昭和23年法律第186号)第23条の規定に基づくたき火又は喫煙の禁止区域
 (3) 強風時又は異常乾燥時における木造家屋の密集している場所及びその付近
 (4) 火粉若しくは火花が落下し、又は飛散する地点に可燃性の物品がある場所

  (ホームタンク等の設置基準)
第3条 条例第31条に規定するもののほか、ホームタンク等の設置に関する技術基準は、別
 に定めるものとする。

  (標識等の様式)
第4条 条例の規定による標識等の様式は、次の表に掲げるとおりとする。
条  例  区  分 標  識  区  分 別  表  区  分
条例第8条の3第1項及び第3項 燃料電池発電設備標識 別表の(1)イ
条例第11条第1項第5号及び第3項 変電設備標識 別表の(1)ロ
条例第12条第2項及び第3項 発電設備標識 別表の(1)ハ
条例第13条第2項及び第4項 蓄電池設備標識 別表の(1)ニ
条例第17条第3号 立入禁止標識 別表の(2)
条例第23条第2項 禁煙等標識 別表の(3)
条例第23条第4項 喫煙所表示 別表の(4)
条例第31条の2第1号      貯蔵
少量危険物  所標識

     取扱
別表の(5)イ

掲示板
 
別表の(6)イからニまでの1
条例第33条第2項      貯蔵
指定可燃物  所標識
     取扱
別表の(5)ロ

掲示板

別表の(6)イ
条例第34条第5号      貯蔵
指定可燃物  所標識
     取扱
別表の(5)ロ

掲示板
 
別表の(6)ロ
条例第39条第4号 定員表示板 別表の(7)
条例第39条第4号 満員札 別表の(8)

 (申請及び届出書の様式)
第5条 条例の規定に基づき申請又は届け出するものの様式は、次の表に掲げるとおりとす
 る。ただし、条例第45条第1号(山野の火入れを除く。)及び同条第4号に掲げるもので
 文書をもって届け出るいとまのないときは、ロ頭でこれに代えることができる。
条  例  区  分 名   称   区   分 様式区分
条例第23条第1項ただし書 禁止行為の解除承認申請書 様式第1号
条例第43条第1項 防火対象物使用開始届出書
防火対象物棟別概要追加書
様式第2号イ
様式第2号ロ
条例第44条第1号から第8号の2まで 炉・厨房設備・温風暖房機・ボイラー・給湯湯沸設備・乾燥設備・サウナ設備・ヒートポンプ冷暖房機・火花を生ずる設備・放電加工機設置届出書 様式第3号
条例第44条第9号から第12号まで 燃料電池発電設備・発電設備・変電設備・蓄電池設備設置届出書 様式第4号
条例第44条第12号 ネオン管灯設備設置届出書 様式第5号
条例第44条第13号 水素ガスを充てんする気球の設置届出書 様式第6号
条例第45条第1号 火災とまぎらわしい煙又は火炎を発するおそれのある行為の届出書 様式第7号
条例第45条第1号 山野火入れ届出書 様式第8号
条例第45条第2号 煙火打上げ、仕掛け届出書 様式第9号
条例第45条第3号 催物開催届出書 様式第10号
条例第45条第4号 水道断、減水届出書 様式第11号
条例第45条第5号 道路工事届出書 様式第12号
条例第45条の2第1項及び第2項 指定詞道等届出書(新規・変更) 様式第13号
条例第46条第1項 少量危険物・指定可燃物貯蔵取扱い届出書 様式第14号
条例第46条第2項 少量危険物・指定可燃物貯蔵取扱い変更届出書 様式第15号
条例第46条第2項 少量危険物・指定可燃物貯蔵取扱い廃止届出書 様式第16号
条例第47条第2項 少量危険物等貯蔵、取扱いタンク検査申請書 様式第17号

2 前項の表中に掲げる禁止行為の解除承認申請書は2部提出し、火災予防上支障がないと
 認めたときは、1部に様式第18号の承認済印を押印して交付するものとする。
3 第1項の表中届出書は2部提出とし、消防長が火災予防上特に支障がないと認めたとき
 はこれを受理し、1部に様式第19号の届出済印を押印して副本を交付するものとする。
4 第1項の表中の検査申請書は2部提出とし、消防長が水張検査又は水圧検査を行った結
 果、危険物を貯蔵し、又は取り扱うタンク(地下タンク及び移動タンクを除く。)にあっ
 ては条例第31条の4第1号、地下タンクにあっては条例第31条の5第4号、移動タンクに
 あっては条例第31条の6第2号に定めるそれぞれの基準に適合していると認めたときは、
 少量危険物等タンク検査済証(様式第20号)を副本(様式第21号)とともに交付するもの
 とする。

 (委任)
第6条 この規則の施行について必要な事項は、消防長が別に定める。

   附 則
 この規則は、平成6年6月1日から施行する。

   附 則(平成15年1月7日規則第1号)
 この規則は、公布の日から施行し、改正後の鹿角広域行政組合火災予防条例施行規則の規
定は、平成15年1月1日から適用する。

   附 則(平成17年11月11日規則第6号)
 この規則は、公布の日から施行する。

   附 則(平成18年12月28日規則第3号)
 この規則は、公布の日から施行する。

別表(第4条関係)
    規制
    事項
区分
様           式 寸法

cm

cm

(1)
標識の文字は「燃
料電池発電設備」
又は「燃料電池発
電機室」のいずれ
でも差し支えない
ものとする。
   
標識の文字は「変
電設備」「変電所」
又は「変電室」の
いずれでも差し支
えないものとする。
15

30


標識の文字は「発
電設備」「発電所」
又は「発電機室」
のいずれでも差し
支えないものとす
る。
     

標識の文字は「蓄
電池設備」又は「蓄
電池室」のいずれでも差し支えないものとする。
     
(2) 60

30

(3) 50

25

(4) 30

10

(5) イ                ロ
           
30

60

(※注)
(6) イ                ロ
                  
30

60

(※注)
ハ                ニ
                  
(7) 30

25

(8) 50

25


(※注)危険物の規制に関する規則(昭和34年総理府令第55号)第18条第1項第3号及び
   第5号の例によること。


鹿角広域行政組合消防本部
Kazuno Fire Department

○鹿角広域行政組合火災予防条例施行規則 (平成6年規則第26号)

改正 平成15年1月7日 規則第1号
   平成17年11月11日 規則第6号
   平成18年12月28日 規則第3号